ぽっちゃりでも彼氏はできる

ぽっちゃりピンサロ嬢に手を出す風俗店員

ぽっちゃり求人で彼氏get"ぽっちゃりコンセプトのピンサロに勤めていたあたしには、彼氏がいた。それは、その当時に見た求人サイトからの応募で、今の所属のピンサロへの求人面接を担当してくれた年下の面接官、純ちゃんだ。ゾンビのようにコミュニケーション能力が全く欠如していたあたしを、よくもまあ採用したものだと思う。うちのピンサロは常に求人を出しているので、あたしを採用しなくても良かったと思うのだが…

あたしの着る服は、ぽっちゃり体型を気にして黒のゆったりしたカーディガンばかり。そんな布一枚だけでは隠し切れないほど肉塊のデブであったあたしを、純ちゃんはなぜ採用したのだろうか。入店後、しばらくして慣れてきたあたしは純ちゃんにそう聞いたのだった。

彼は「かわいいと思って」と、しれっと答えるのだった。彼女を作るためにあれだけの広告費を払って求人を掲載してるのかもしれない。純ちゃん流の、上辺だけの逃げ口上だったと今はわかるのだけれども、ゾンビのような精神状態であったあたしを、人並みにピンサロ店の風俗嬢ランクの中堅どころまで育て、仕事や生きていくことが楽しくてたまらない、踊るような日々に導いてくれたピンサロの面接官に言われて、あたしは一瞬で恋に落ちたのだった。あたしにとって求人応募をしたところから運命が始まっていたのかもしれない。

お金・給料も風俗店の職場もピンサロ嬢の同僚も、ありがとうと感謝してくれる数人のなじみのお客さんをも手に入れていたあたしは、当時何でも手に入れられるような無双状態だったのかもしれない。あたしは純ちゃんを押し倒した。巨体に覆いかぶされた痩せ型の男にとっては、恐怖しかない経験だったのかもしれない。行為は繰り返された。純ちゃんは特に逃げるようなそぶりも見せず、あたしにされるがままにしていた。数回の行為の後、純ちゃんはあたしに言ったのだ。「俺たち付き合おうか」と。そうして、あたしと純ちゃんは、ピンサロの店員と風俗嬢という関係に加えて、恋人同士という関係にもなったのだ。

当たり前なのかもしれないが、風俗店員と風俗嬢の恋愛関係は禁止である。それはデブもぽっちゃりも同様です。求人サイトを見ている女の子のベテランは、もちろん知っているとは思うが。いくつかの風俗店の待機室には「店内恋愛禁止」などの張り紙があるという。風俗店員とその店の風俗嬢が付き合ったとしたらデメリットが多いだろうということは、少ない社会経験のコミュニケーション不全症候群のあたしにも理解できた。なぜかといえば、どうしたって彼女は彼氏に特別扱いを望むのが女という生き物だ。たとえ店長と風俗嬢という関係であっても、自分を特別扱いしてもらえない女は不機嫌になる。すると、同僚のぽっちゃり風俗嬢たちも贔屓される彼女にひがみ感情を持つようになり、店内の雰囲気は悪くなること請け合いだ。

店長サイドからしても、風俗嬢たちの統率を取ることが困難になり、上り調子とはとても言えない風俗業界の中の切磋琢磨の中で、統率の取れない有象無象の集まりの風俗店は没落していくことだろう。どんなに求人広告を繰り返し掲載しても、風俗嬢は悪い雰囲気の店には定着しない。

あたしも、漠然と同僚のぽっちゃりやデブ女たちに純ちゃんと付き合っていることを言ってはいけないのだろうなと考えていたのだが、数日後、さも当然というように「美津子は純ちゃんと付き合っているから」と会話の文中に衝撃の文字列を挿入してきたのだった。

驚いているあたしの気持ちを察したのか、同僚のデブ女は言ったのだった。「純ちゃんがこの間言っていたよ、美津子と付き合うからよろしく、って」と。同僚の風俗嬢たちも、あたしと純ちゃんの恋愛には興味がないようで、それ以上に風俗店内で詮索されることはなかった。あたしも、ゾンビ状態から人間まで導いてくれた純ちゃんの立場を悪くはしたくなかったから、特に何のコメントもすることはなかったのだから、ぽっちゃりピンサロの中では純ちゃんとあたしが付き合っているという事実こそ共有されたが、それによって人間関係が特別に変化したような雰囲気はなかった。あたしや純ちゃんがいない場所で彼女たちがどのようなぽっちゃりトークを繰り広げていたかを推測する手段をあたしは持ちえないが、おそらくあたしたちの恋愛に彼女たちが興味もないのが本音のところだろう。風俗店内の恋愛が禁止なのは当然だ。ただ、不思議とあたしたちの付き合いは自然に進行して行ったのだ。こんな展開は求人を見ているときには想像がまるで出来なかった…

癒しに繋がるぽっちゃり求人

風俗客に繰り返す行為は単なる射精なの?

ピンサロは単純作業?"風俗業は単純作業、ぽっちゃり求人で採用された風俗嬢はそう思うことが多いでしょう。とはいえ、それはぽっちゃりの求人サイトなんて見ない普通の風俗の仕事と比較した場合の話で、やっぱり接客業なのだからお客さんとのコミュニケーションは多少あるし、目くばせとか吐息とかを恣意的に使わなければ勃つモノも勃たない男性客がいることも事実だ。ただ、肉塊である男性器に刺激を与えて射精させるだけの行為だと、風俗嬢いやピンサロ嬢を揶揄して言う人はいるだろうが、あたしはそれを単なる射精だとは、ピンサロに勤めているうちに思わなくなっていた。

意を決してぽっちゃりやデブOKの風俗店ばかり掲載されている求人情報をみて、面接に応募。そして採用されてしてピンサロに勤め始めたばかりの頃は、男性器をそれこそただの白濁の涙を流す肉塊だとしか思わなかったのだけれども、人間は、単純作業に意味を見出す生き物なのだと純ちゃんは言った。

人はピンサロで繰り広げられる行為を、ただのマスターベーションの延長である単純摩擦行為に見えるようだけれども、実際の現場ではただの単純行為ではあり得はしないのだ。摩擦行為を繰り返すうちに、男性客の感情が、その肉塊に反映されていることがわかるようになり、男性客の感情に応じて、ゾンビのように凍り付いていた、ぽっちゃりで肉の塊のあたしにも、少しづつ感情が生まれてくることを知った。

ピンサロの男性客に行われる行為は、単純作業ではない。神聖なとまで言えば言い過ぎなのだろうが、男性客とぽっちゃり風俗嬢とのコミュニケーションによって初めて成り立つ行為であり、男性器が流す涙はそのお客だけのものではなく風俗嬢との共同行為によって生み出された結晶であるとさえ言えよう。

性欲を満たしたい男と、満たしてあげたい女

ぽっちゃりは癒しを与える"だけれども、求人面接を終えてピンサロで働き始めたばかりのあたしには、明るく人間的に輝いて働いているように見えた多くの同僚のぽっちゃりやデブ、ブスたちも、求人見てから面接に来たばかりの時は暗いネガティブなオーラを纏った、コミュニケーション不全なゾンビたちだったのだということを、純ちゃんはボソリとつぶやいたことがあった。

純ちゃんは「ゾンビ女のほうが操りやすい、特にデブやぽっちゃりが…」とは照れて言うものの、おそらくそれは純ちゃんの謙遜だろう。あたしも、同僚のデブやブスのぽっちゃり女性たちも、ピンサロで働くことによって「人間」に戻ったのは事実だ。なんだろう、性欲って本能をダイレクトに満たす行為と、満たされていく男を見ることにこんなにも癒しがあるなんて。人に褒められ、感謝されることで感情が呼び戻されるような浄化があるなんて。

ただ性欲を満たしたい男と、仕事としてその性欲を満たす使命を帯びたぽっちゃり女がいるだけなのに、そこに不思議な化学変化が起きるなんて。風俗はなんだか外野がうるさい業種ではあるけれども、ここに、ピンサロで働くことによって社会復帰したぽっちゃりを超えたデブ女がいることをもっと多くの人に知ってもらいたいという欲求が抑えられない。どうしてか、コンプレックスを種にネガティブな渦に捉われてしまい、感情を失ってゾンビのようになってしまうのはデブぽちゃ女ばかりなのだから。

ぽっちゃりピンサロだけじゃ食えないから夜仕事

デブやぽっちゃりはキャバは無理かも"ピンサロで働くまでに、多くの性風俗店の求人面接に行っては罵詈雑言を浴びせられていたあたしは、自己保身のために感情を凍らせたゾンビになっていたわけだけれども、そんな太ったゾンビを蘇らせてくれた聖職者こそ、ぽっちゃりピンサロの店員である純ちゃんであったのだ。

純ちゃんに蘇らせてもらうまでにあたしは、ネガティブなオーラをぷんぷんと振りまいていたからこそ多くの風俗店の面接官に忌み嫌われていたのは当然だろう。あたしがピンサロに出会うまで、何で食いつないでいたのかというとそれはカードキャッシングなのだけれども、全く働いていないわけではなかった。以前からコミュケーション不全であったあたしは、家にこもって手芸作品をこしらえてはネットオークションで売るというアルバイトをしていたのだ。けれども、それだけでは食いつないでいけないのは当然で、風俗の仕事を志したのだった。会話ができないため夜のお仕事のキャバクラは無理なのだ。こんなに肥えた外見のぽっちゃり女では面接にも進めないだろうと考えた過去のあたしは、その点だけは賢明だったのだ。それでも当時のキャバクラの求人を見ているときだけは煌びやかな世界は想像できたのだけれども…

ぽっちゃり求人で受かったピンサロの話

心踊るぽっちゃりピンサロでのバイトの日々

ぽっちゃりピンサロ嬢"ただのデブでぽっちゃりのあたしは、風俗店の求人面接を断られ続けているうちにいつしか心を失ってしまっていた。

いまは、こうしてブログを書けるようになっている自分を、2年前のあたしは想像できたであろうか。たぶん、自分の2年後を想像しようともしなかっただろう。ただ、クレジットカードで借金を繰り返し、お菓子を機械的に口に運ぶだけのぽっちゃりデブ女には、その日々がずっと続いていくのか、それがいつ終わるのかを考えるだけの思考能力は失われていたのだ。ぽっちゃりでも採用してくれる、雇ってくれる風俗店の求人を探し続ける日々が…

でも、こうようなゾンビ現象も所詮は人間だったのだ。人間にしては、ずいぶんぽっちゃりした人間だとは思うけれども、太っていても人権はある。風俗のお客様に喜んでいただき、汗水流して働いて、その対価でお菓子やもっと良いものを買って、自分の生活レベルが少しずつ上がっていくにつれて、あたしにはゾンビな日々は失われてゆき、人間としての笑顔が戻っていったのだった。

ずっと続いていたゾンビ生活を終わらせたきっかけは、何十回も「おまえはいらない」と言われ続けた求人面接の終わりと等しい。つまりは、あるピンサロにようやく採用されたその日から、人間的な生活が10年以上ぶりにあたしに戻って来たのだった。それはゆっくりとではなく、熱狂的なスピードをもって、まるで踊るような日々だった。だったもう普通の女の子は見ないであろう風俗店の求人情報をあたしも見ないですむのだから。

ピンサロの店長やオーナーは別にいたけれども、純ちゃんという若い男性店員が、店に寝泊まりしながらずっと切り盛りしていた。まだ若いのに、事実上あたしが初めて勤めたピンサロの店員は、純ちゃんだけだった。

同僚の風俗嬢たちは、あたしと同じようなぽっちゃり体型か、むしろもっとデブだった。それは「ぽっちゃりピンサロ」なのだから当たり前のことなのだけれども、デブだ、ブスだと言われ続けて、いつしか世の中の人すべてが差別的な視線をあたしに投げかけているという誤解を自分から纏っていたあたしには、正直なところ自分よりももっとデブでブスなぽっちゃり女たちに取り囲まれた豚舎は新鮮だった。そりゃそうだ。ぽっちゃりやデブでも働ける風俗店だし、そんな女性を集めるために求人を打ったり、バイト募集のチラシを貼ったり、時には求人スカウトマンに高いお金を払っているのだから。そして、自分よりも太った女たちが、生き生きと輝くような笑顔で泣き笑いしながら働いているのが衝撃だった。

太っているのに、ぽっちゃりしているのに、笑っている人がいる。そんなことで驚くほど、あたしの思考はゾンビレベルにまで低下していたのだ。ピンサロは男性の性欲を処理する店だ。デリヘルやソープランドに比べて、男性客へのサービスは画一化されている。あり大抵にいうと、ピンサロにやって来る男は性器にしか見えない。その性器を処理して、お金を機械的に頂くお仕事なのだから、無感情に決められた行為を繰り返すゾンビには最適なお仕事だったのかもしれない。これは心の中ではわかっていた、求人サイトをみているときから。ゾンビにはピンサロのような風俗仕事でしか、人間的な笑顔を取り戻せないのだとしたら、ピンサロは、なんて風俗初心者に合致する仕事なのだろうかと思う。

人間的な感情を失った人は、単純作業を繰り返させて、それを褒め続けるというリハビリ行為があることを知ったのは最近だ。純ちゃんにそのことをLINEで伝えたら、「へえ」とのレスポンスがあっただけだった。

けれども、経験的なのか、純ちゃんが運営していたピンサロはまさにリハビリ施設だったのかもしれない。勉強好きで、中卒なのに図書館が好きという純ちゃんは、どこか何かの新聞か本で、そのことを知っていたのだろうかとも思うけれども。単純作業であり、「性」という人間の本能を扱うピンクサロンは、まさに太ったゾンビ女を人間に戻してくれるリハビリ施設なのだ。それだけでなく、人並みにお給料をいただけるなんて、なんて素晴らしいことか。あたしは、あの輝くようなピンサロの日々を振り返って、20年遅れでやって来た「青春」とまで言い表したい気分だ。