ぽっちゃりピンサロ→デリヘルへの転職

求人スカウトマンにスカウト

友人の求人スカウトの紹介でデリヘルへお金の問題もあってぽっちゃり求人を見ていたあたしは、ラッキーなことに、デブの在籍が多いぽっちゃりピンサロに採用された。意外とすんなり馴染めて安定的な給料を稼ぐことが出来たので、借金を返すことができた。

働いていたピンサロのぽっちゃり風俗嬢仲間は、明るくて楽しい子ばかりで、ぜんぜん不満はなかったのだけれども、あたしはデリヘルへ転職をすることにした。同じ風俗業界の仕事だ。

それは、友人の求人スカウトから「うちのデリヘルで働いてみないか」と誘われたからだ。

うちのピンサロの求人担当で、ずっとお世話になっていた店員の純ちゃんに相談できる案件ではないのはわかっていたのだけれども、相談相手は純ちゃんしかいなかった。おなじピンサロの店員と風俗嬢という関係だったら在り得ないことだろう。純ちゃんは、あたしの他風俗店への転職を嫌がるどころか後押しするのだった。「ほかの風俗の仕事を経験するのは、全く悪いことではないよ」と。

求人スカウトから提示された金額は、ピンサロに比べたら破格だった。中堅デリヘルチェーン店が「ぽっちゃり」した女性たちばかりを集めてコンセプト店を開店するということで、指名客が取れるようなぽっちゃり風俗嬢ばかりに声をかけているということだ。

純ちゃんのピンサロとは直接的なチェーン店ではないにしろ、オーナー同士は友好的な関係だという。スカウトの話はあたしに直接来たのだけれども、間接的に純ちゃんもあたしにスカウトが来ていることを承知しているようだった。

提示された給与待遇は本当なの?

求人広告本当嘘道端に置いてある高収入求人誌にも、あちこちの女性向け風俗求人サイトにも、その「ぽっちゃりデリヘル」の求人広告は掲載されていた。たしかに、新しくデリヘルが開店することは本当のようだ。しかも、ずいぶんと大きな特集ページが掲載されているから、予算が限られている開店ではなく、ずいぶんと良い話だとしか思えなかった。求人ホームページや求人誌に掲載されている時給の、最高額があたしには提示されていた。

まずは、面接だけでも受けてみよう。そう思って、指定された事務所に行くと、口頭で聞いていた待遇よりも、もっと高額な給与を提示された。なんだか、嘘のような話だ。数年前まで陰気なぽっちゃりだったあたしなのになんだか不思議だった。

あたしは、そのぽっちゃりデリヘルで働くことにしてピンサロは辞めた。挨拶できなかった同僚のぽっちゃり風俗嬢の数人は心残りだったけれども、きっと応援してくれると思って去る店の内情について必要以上には考えなかった。

あたしは、あたらしいデリヘルでスキルアップすることに注力したほうが、きっと皆も喜んでくれるのだろうと勝手ながら思った。実際に働いてみて、提示通りの高額給与を手にした。求人サイトに記載されていた最高額をゲットできたのだ。いい話ってあるものなのだ。

デリヘルとピンサロの本質的な差異

ピンサロとデリヘルとの違いピンサロとデリヘルは、風俗の業種で違うとはいえ、もうすでにピンサロでやるべきことは習得していたつもりなので、やるべきことはさほど変わりがないと思っていたから不安はなかった。驚いたことはと言えば、当たり前なのだけれどシャワーやお風呂があること。接客する場所がピンサロの店内のソファではなく、ホテルの一室なのだから当たり前なのだけれども。

あとは、お酒を飲まなくていいこと。これは良し悪しあって、お客さんがひっきりなしにやって来るピンサロと比べて、どうしてもホテルに移動してシャワーを浴びて接客をするというデリヘルは接客同士の空き時間があってテンションのコントロールが必要だということ。

ピンサロでの接客が嵐のように過ぎ去っていく短距離走だとしたら、デリヘルは緩急のある長距離走だということ。経営側には大きな違いだけれども、働く女の子にとっては本質的な違いはないと思う。自分の働くペースがつかめるまでは気疲れもしたけれども、男性客に喜んでいただくという本質は同じなので、さほど戸惑うことはなかった。

新規開店のぽっちゃりデリヘルだというのも良かったのかもしれない。同僚たちもみんな同時期に転職してきた仲間だから、情報交換も盛んだったし、みんなでこの店を盛り立てていくのだという共闘意識もあったのかもしれない。